YUKO FUJITA

The world is made of rubber bands

Elementor #1724

世界は輪ゴムで出来ている
The world of strings and rubber.

#A4,#pen
世界は輪ゴムで出来ている。
何故ならば、すべての現象は極小の目には見えない輪ゴム状の世界は輪ゴムで出来ている。
何故ならば、すべての現象は極小の目には見えない輪ゴム状の素粒子で構成されているからだ。
宇宙のすべてはこの輪ゴムから始まり輪ゴムで終わる。つまり広大な宇宙と同じく人間も輪ゴムで構成されているわけだ。人の身体もまた宇宙と同じである。
仮に身体の中の臓器や体液、身体を構成する全ての細胞に意思があるならば、まさかこの世界が人間を形作っているとは想像もつかないだろう。ただただひたすらに意味もわからず、やるべき使命に突き動かされ活動をしているのみだ。故に生命が維持されている。
「私」は個であるが実は「私を構成する集合体」である。たとえ身体が傷つき血液が噴き出そうとも、「私」を生かすために「私を構成するもの」は最後まで戦い続ける。「私」が諦めても「集合体」は決して諦めない。
「私」は「私を構成するもの」に常に守られている。決して一人ではない。
「私」は「私を構成する集合体」である。
個であり集合体なのだ。
世界は輪ゴムで出来ている。
何故ならば、すべての現象は極小の目には見えない輪ゴム状の素粒子で構成されているからだ。
宇宙のすべてはこの輪ゴムから始まり輪ゴムで終わる。つまり広大な宇宙と同じく人間も輪ゴムで構成されているわけだ。人の身体もまた宇宙と同じである。
仮に身体の中の臓器や体液、身体を構成する全ての細胞に意思があるならば、まさかこの世界が人間を形作っているとは想像もつかないだろう。ただただひたすらに意味もわからず、やるべき使命に突き動かされ活動をしているのみだ。故に生命が維持されている。
「私」は個であるが実は「私を構成する集合体」である。たとえ身体が傷つき血液が噴き出そうとも、「私」を生かすために「私を構成するもの」は最後まで戦い続ける。「私」が諦めても「集合体」は決して諦めない。
「私」は「私を構成するもの」に常に守られている。決して一人ではない。
「私」は「私を構成する集合体」である。
個であり集合体なのだ。
また宇宙と同じである。
仮に身体の中の臓器や体液、身体を構成する全ての細胞に意思があるならば、まさかこの世界が人間を形作っているとは想像もつかないだろう。ただただひたすらに意味もわからず、やるべき使命に突き動かされ活動をしているのみだ。故に生命が維持されている。
「私」は個であるが実は「私を構成する集合体」である。たとえ身体が傷つき血液が噴き出そうとも、「私」を生かすために「私を構成するもの」は最後まで戦い続ける。「私」が諦めても「集合体」は決して諦めない。
「私」は「私を構成するもの」に常に守られている。決して一人ではない。
「私」は「私を構成する集合体」である。
個であり集合体なのだ。

© 2022 YUKO FUJITA

テーマの著者 Anders Norén